2014年01月23日

スピーカーセレクター(スピーカー切替器)プロジェクト1/2

スピーカーセレクタ スピーカー切り替え器

工房の音響設備

R1000TCN改スパイラルバックロードホーンとDENON SC-F100の2台を中華デジアン(Lepai デジタルアンプ LP-2020A+ Tripath TA2020-020 )+MP3プレイヤーで音楽を楽しみながら、そして、時には気分転換にスピーカーを切り替えて楽しみながら、作業ををしたいので、スピーカーセレクターが必要になった。だから作る!

スピーカーセレクターの選択

スピーカーセレクタースピーカー切替器という商品名のものを一通りみてみると、結構高価なものから、安いものまで多様な商品であふれていた。高価なものはそれなりの対策がなされているようだ。格安商品も私のターゲットだ。作るより安かったらシャクに触る。現在の格安商品はこれだ!2,980円。なかなかよさそうだが、作れるものは作りたい私は、当然、自作派の作品に目が行く。

格安スピーカーセレクターの検討

スピーカーセレクター
自作派のスピーカー切替器もマニアックな物からお手軽なものまでマニア達の作品が私の目を楽しませてくれる。ポイントはスイッチだ。スイッチの価格を抑えられれば、全体のコストは下がる。ネットを巡回すると、100均コンセントスイッチを分解してスイッチのみを活用するというアイデアが私の目にとまり、これを採用することにした。ダイソーとゼリアがあるが、ゼリアで販売しているものは+ドライバーで分解できる。私はこれを採用した。黒いスイッチが好みならば、ダイソーに売っているが、ネジの頭が△だから専用工具がなければ、無理矢理マイナスドライバーなどで取り外せば良い。
コンセント部の分解のコツ コンセントはスイッチにハンダ付けされている。これをコテで温めて吸い取り機で取り外すのはスマートですが、私は暖め過ぎて一つ壊してしまった。そこで、強引にラジオペンチでグネグネとコジッて取ったら、簡単に取れた。残りのスイッチはこの方法で短時間で取り外した。

スピーカーセレクタの配線

スピーカーセレクター
構造は簡単だ。スピーカーから出る二本の線の片側の線に図のようにスイッチを入れるだけだ。木工作業場なので、あまり審美性は問わない。カチカチとイジる事ができれば合格だ。このくらいの工作は楽しいものだ。

スピーカーセレクターのケース

スピーカー切替機 ケース

操作盤は3mmの合板を使い、あとはコンパネで製作。ケース下部はメンテ用に空洞とした。

スピーカー切替機の使用感

スピーカーセレクター 自作

使い方は簡単。スイッチを入れたらスピーカーが鳴る。切ったら鳴らない。全部入れたら全部なる。至ってシンプル。掛った費用は100均の節電スイッチ(100円×4)、スピーカーコード(590円)、スピーカー端子(200円×2)。
【自作>スピーカー切替器の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

↑このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。