2014年02月17日

DENON USC-MA3 レビュー

DENON USC-MA3

購入価格 1,000円

安くて衝動買い!DENON SC-F100の低音のアレンジはスロージャズを聞くときのウッドベースの響きが好きです。ならばその下位商品も良い音だすだろう!。そんな先入観をもちつつ、実測10cmのウーファーをフルレンジユニットとして使えるかも?とリスクヘッジじみた見当をつけて、最悪部品取りパーツとしての購入です。

DENON USC-MA3 の音質

DENON USC-MA3

普通に試聴してみると引っ込んだ音、物足りなく音量を上げてみると微妙にハイ寄りで、シャリつきます。それでいて箱がポンポン鳴る下品な低音。逆ドームは丈夫で低音が出しやすい一方、中音域の繊細さが犠牲になるのだろうか?SC-F100は良い方向に出ているのだが、USC-MA3の場合は欠点が目に付く。(ただ、見た目はカッコいいユニットだが…。)バッフル過多で肝心の中音域は繊細さにかけボーカルは最悪で私の好みに合わない。

単純にドスドスが好きという人には歓迎されるかもしれませんが、改造前提でない人にはお勧めできません。R1000TCNノーマルパッシブの方があきらかに繊細です。あまりバッフルを効かせず、中音域をキレイに出せそうな作りの箱をこしらえてセッティングしてみたいです。ここのページを読むような人に購入はお薦めしません。

DENON USC-MA3 を褒めてみる

私がこの音色が嫌いだ!と言っても、こういう音色が好きな人がいるかもしれないので、美点を上げてみようと思う。中低音は出ますが、重低音は無理です。巷でカーステレオなどで、ドスドスという音を立てている車を見かけますが、あのような音色が好みの人にはお薦めできます。あのような音は鳴ってます。その低音に負けない中音域、高音域は出ます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

↑このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。