2014年02月17日

SANSUI S11 レビュー

SANSUI S11

SANSUI S11 購入価格 2,000円

かつて憧れのメーカーサンスイ製のスピーカーをリサイクルショップで発見!2,000円。SANSUIロゴが眩しいが音はどうだろうか?一応ネットで評判をあさって見ると、ドンシャリだの、良い等、評価はバラバラ。それでいて情報は少ない。これは何の使用用途も無く映画を一本見る感覚での博打購入だ。

SANSUI S11 の音質

SANSUI S11

さて音質はあまりぱっとしないというのが私の結論。具体的にはツィーターはシャリつく。ウーファーは歯切れがない。肝心の中音域は、(レスポンス重視の私にとっては)お風呂場で音を鳴らしている感じ。全体のまとまりはといえば、どんなソースにも合いますよ!という評価であろうが、逆に言えば、全体のレベルを下げれば何でも合うように聞こえるということでしょう。ポジティブに表現するならば邪魔にならない音。そういう意味ではPioneer S-RS77P-LRは、明るいく歯切れよくまとまって好感がもてるが、SANSUI S11は湿っぽい。この湿っぽさが好みの分かれるところ。

リアルを表現するなら必然的に湿っぽくなるはずだが、私はスピーカー再生を生演奏と思っていないという点で不評。DENON USC-MA3よりは明らかに一段上だが、Pioneer S-RS77P-LR/DENON SC-F100/Victor SX-EX7Sと比較すると一段下という印象。分析的に聞かなければ一般的には十分な音質です。癖を把握して購入すべしです。

SANSUI S11 をバラしてみて

ネットワークは複雑です。Pioneer S-RS77P-LR/DENON SC-F100/Victor SX-EX7Sはフルレンジ+ツィーターという作りですが、SANSUI S11は複雑なネットワークで構成されている。何か使えそうな部品はないだろうか?と結局はスピーカー接続コネクタを自作スピーカーに利用しました。ツィーターとウーファーはねじ止めでもなく単なる差し込み式です。もし購入される方がいらっしゃったなら、バラさない事。逆に言えば、私の場合バラすに値する買い物(失敗)であったという事です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

↑このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。