2014年01月24日

写真撮影スタジオの製作3/4

撮影スタジオ 腰板ジャンク風の背景は、使い込まれた部屋のイメージが合っています。腰板を貼り西洋風の古い部屋の一こまを撮影セットで雰囲気創ります。
撮影スタジオ 腰板1×4材(178円 /一枚カーマホームセンター)を2枚使いました。適当にカットして上下の幕板をカットします。
矢印 撮影スタジオ 腰板カット腰板(0.5間2,300円 アント)を80cmにカットします。腰板は杉の荒材でも良かったのですが、安いものを見かけたので、予め購入しておいたものです。
矢印 撮影スタジオ 腰板カット材料が揃いました。ワイヤーブラシで使い込まれたような傷をところどころに付けて仕上げてあります。
矢印 撮影スタジオ 腰板組立て下の幕板を仮止めして並べます。実際の部屋に使うわけではないので、腰板は単に並べただけです。
矢印 撮影スタジオ 腰板組立てピンネイルでパシパシ固定してゆきます。
矢印 撮影スタジオ 腰板組立て移動式の床と、漆喰の壁を合わせてセットしてみました。次ぎは、腰板の上部の壁は漆喰を塗り、腰板、壁ともにエイジング塗装(使い込まれたような状態をペイントなどで再現する)です。色目が決まらないのが悩みの種です。
↑このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。