2014年02月16日

DENON SC-F100 レビュー

DENON SC-F100

DENON SC-F100 購入価格 2,000円

ネットの評判どおり、かなり低音は出る。スローな音源との相性は良好。バッフル効果を大きくとった結果か、逆ドームの特徴か解らないが、低音の質がダル等の評判はあるが、けっして下品ではない。ポートをタオルで塞ぐなど工夫して低音漏れを制御し、中音域をコントロールする工夫も良いが、私はこのスピーカーのオリジナルの味付けは好きだ。この機種独特の低音の味は捨てがたい。ツィーターもアダルトな味付けは好印象。

DENON SC-F100の微妙な味付けはアダルトな印象

DENON SC-F100

このスピーカーでアニソンやアイドルソングは似合わないかもしれない。性質は大型スピーカー的だと想像していただければよいと思う。そういう意味で30cm級と言えなくもない。決してボーンボーンと鳴り響くものではなくメリハリと鈍が絶妙なバランス。

mg_0720.jpgこの微妙な味付けはアダルトな印象。箱の化粧シートの仕上げが悪いが、私の場合は工房での吊り下げだからまったく問題なし。夜は重低音が響くので近所迷惑を考え、押さえ気味に使用している。独特の個性。癖が無いから物足りないとは言わせないスピーカー。


DENON SC-F100の使い方

このスピーカーはそのまま置けばそれなりに鳴るというものではなく、こだわってセッティングしてほしい。私の場合は単なるつり下げで作業現場でサブスピーカーとして使っているが、一般的には普通に部屋に置くと思う。置き場所やスピーカーの裏側を注意し、環境を工夫してこのスピーカーの突出した個性である低音をコントロールすることでとても上品な音場が仕上がると思う。私は庶民派なので、コードやインシュレーターにお金を掛けることには賛成しない。そんなお金があれば、ユニット一つや中古スピーカーでも買えてしまうし、その方が明らかに音は変わる。貧乏人の私はコスパ重視の評価基準なのです。
↑このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。